桑路建塗株式会社で出来る事
左官工事の代表的な例としてはモルタル塗り、日本壁塗り、ブラスター塗り、またサッシまわりのモルタル詰めや、打放しコンクリートの補修などがあり、一般的に最終的な表面仕上げの塗り工事を行います。
準備中です。

現場に流し込んだ生コンがまだ完全に固まる前に、天然石やレンガ・木材などの模様の”型”を押し付けて、表面に凹凸のある模様をつける工法です。テーマパークや商業店舗など、とても見栄えがします。
真空処理工法とはコンクリート内にある余剰水(余分な水)と巻き込みエア(生コンに含まれる空気)を取り除く方法です。この工法は主に真空マットと真空ポンプから構成されており、打設後ただちに施工します。

日本では昔から床仕上げといえば「塗る」「貼る」が主流でしたが、コンクリートの素地を直接磨く新しい仕上げが注目されています。 コンクリート床を艶やかな床へ磨き上げる為「鏡面仕上げ」とも言われており、その表面は照明が反射するほどの光沢と強度を兼ね備えています。表面が緻密になり汚れが付着しにくく、日々のお手入れが簡単。
Copyright(C)2013 KUWAJI All Right Reserved.